西尾哲夫『ガラン版 千一夜物語(1)』(岩波書店)

ガラン版 千一夜物語(1)

ガラン版 千一夜物語(1)

 

 小説『熱帯』を書くとき、森見登美彦氏は「千一夜物語」というものを下敷きにした。一般的には「アラビアンナイト」と言ったほうが伝わりやすいだろう。たとえば「アラジンと魔法のランプ」や「シンドバッドの冒険」など、昔から映画などでもお馴染みのイメージである。

 なにゆえ登美彦氏は「千一夜物語」を取り上げたのか。

 それはこの物語集がとてつもなく膨大で、ヘンテコな入れ子構造を持ち、しかも「西洋と東洋」を股にかける複雑怪奇な成立過程を持っているからである。「千一夜物語」について調べると、「物語」が大勢の人間たちを幻惑していく魔力に驚かされる。だからこそ「千一夜物語」を自分なりに料理してみたくて、登美彦氏は『熱帯』を書いた。

 『熱帯』執筆が終盤にさしかかった頃、どうしても「千一夜物語」について専門に研究している人の話を聞きたくなった。

 研究者の西尾哲夫先生が国立民族学博物館にいらっしゃることを知ったとき、「これは運命にちがいない!」と登美彦氏は思った。なぜなら民博のある万博公園は登美彦氏の幼少時代の遊び場であり、想像力の源泉であったからだ。『太陽の塔』は登美彦氏のデビュー作のタイトルである。国立民族学博物館へ西尾先生を訪ねていって、澄んだ秋空にそびえる太陽の塔を眺めたとき、人生の伏線を回収したような感慨を覚えたものである。そして西尾先生に「千一夜物語」の写本を見せてもらったり、貴重なお話を聞いたおかげで、『熱帯』を書き上げることができた。

 『熱帯』には「千一夜物語」に取り憑かれた人々が登場する。そもそも「千一夜物語」を作り上げてきたのは「千一夜物語」という夢に取り憑かれた人々だった。『ガラン版千一夜物語』を手がけたアントワーヌ・ガランは、ヨーロッパで初めて「千一夜物語」に取り憑かれた人間といえるだろう。もちろん「千一夜物語」は中東で生まれたのだが、ガランの手で翻訳紹介されたことによって、世界の「千一夜物語」へと変身を遂げたのである。ある意味ではガラン版が始まりなのだ。

 このガラン版(全六巻)を翻訳中の西尾先生もまた、「千一夜物語」に取り憑かれた人である。「千一夜物語」に取り憑かれた人々の手を借りて「千一夜物語」は変身を重ねていく。

熱帯

熱帯

 

 

森見登美彦氏、怖い小説を手に入れる

平成怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)

平成怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫)

 
インスマスの影 :クトゥルー神話傑作選 (新潮文庫)

インスマスの影 :クトゥルー神話傑作選 (新潮文庫)

 

 夏である。サマータイムである。

 きびしい暑さに読書意欲も減退しがちな今日このごろ、うわさの『三体』をひいこら読み終えた登美彦氏のもとへ、上記の二冊が届いたのである。

 夏こそ怪奇小説を読むべきである。

 『インスマスの影』は日本ファンタジーノベル大賞の先輩、南條竹則氏による翻訳である。タイトルにもなっている中篇「インスマスの影」を、登美彦氏は高校時代に読んだのだが、そのなんともいえないイヤな感じにびっくりして、同級生に勧めてイヤがられたのである。

 ところで南條竹則氏の翻訳といえば、チェスタトンの『木曜日だった男』がある。なんとも不思議な冒険譚で、一度読んだら忘れられない。登美彦氏は昔から好きだった。怪奇小説が苦手な人にはこちらがオススメである。

木曜日だった男 一つの悪夢 (光文社古典新訳文庫)
 

かしのこおり『太陽の塔(2)』(モーニングKC)

太陽の塔(2) (モーニング KC)

太陽の塔(2) (モーニング KC)

 

  昨日、かしのこおりさんの新作刊行を盛り上げるべく、担当編集者氏に教わりながらtwitterに本作の一部を公開した。マンガ版『太陽の塔』は、登美彦氏のデビュー作『太陽の塔』の妄想と哀愁を、たいへん繊細にマンガへうつしかえた傑作である。読むべきである。第二巻ではいよいよクリスマスが迫り、主人公たちによる「四条河原町ええじゃないか騒動」も迫る。第二巻は七月二十三日に発売である。どうぞよろしくお願いします。

 そして第一巻、ついでに原作もよろしく。

太陽の塔(1) (モーニング KC)

太陽の塔(1) (モーニング KC)

 
太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)

 

 時の流れるのは早いもので、登美彦氏が『熱帯』後遺症のリハビリに励んでいるうちに、今年も祇園祭の季節がめぐってきた。 登美彦氏は人混みが怖いので、いつもこの季節になると「行くべきか」「行かざるべきか」と思い悩み、その挙げ句に行ったり行かなかったりするのである。

 せっかくなので祇園祭宵山を舞台にした小説も紹介しておく。

 宵山を見物してから読んでも、読んでから宵山を見物してもよろしい。もちろん「読まない」という選択肢はつねに存在する。筆者としては、読んでもらえると出版社と作者のフトコロがいくらかあったまる!という厳然たる事実を指摘するのみである。こちらもよろしくお願いします。

宵山万華鏡 (集英社文庫)

宵山万華鏡 (集英社文庫)

 
聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

聖なる怠け者の冒険 (朝日文庫)

 

森見登美彦氏、二条へ。

 劇団ヨーロッパ企画上田誠氏が次のような文章を書いている。

suumo.jp

 本日、三条大橋をぷらぷら歩いているとき、この記事のことが頭に浮かんだので、森見登美彦氏は「久しぶりに西へ足をのばそう」と思い立った。TOHOシネマズ二条で映画「海獣の子供」を観ようと考えたのである。

 地下鉄東西線の駅から地上へ出たあと、上映開始までは間があったので、ショッピングモールBiVi二条をうろうろした。

 「バッタリ上田誠さんに出くわしたりして♪」

 などと考えていたら、通りかかったカフェの片隅に、イヤに上田誠さん風の人物がおり、「何者だ?」と不審に思って近づいたところ、本物の上田誠氏であった。上田氏は奥様とならんで大きなテーブルに向かい、ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー!旧校舎の77不思議」の構想に頭を悩ませていたのである。

 「奇遇ですね」と言いたくなったが、考えてみればことさら奇遇というほど奇遇ではない。

 とりあえず映画が始まるまで自分が暇であるのをいいことに、登美彦氏はサンドイッチを食べながら世間話を無理強いして、上田氏の仕事を妨害したのであった。

 「街中でたまたま友人に出会うのは嬉しい」

 そして、

 「上田誠氏は記事のとおり二条にいる」

 というだけの報告である。

西東三鬼『神戸・続神戸』(新潮文庫)

神戸・続神戸 (新潮文庫)

神戸・続神戸 (新潮文庫)

 

 西東三鬼『神戸・続神戸』が新潮文庫になるという。

 というわけで、森見登美彦氏は解説を書いた。いささかマジメに書きすぎた。しかしマジメにならざるを得ない名作なのである。これはステキに薄っぺらい文庫本で(登美彦氏は薄っぺらい文庫本を愛する!)、お値段もステキにお手頃となっているから、ぜひとも手にとっていただければと思う。

 まるで人の良い天狗が書いたような本である。

 以下の引用は、謎のエジプト人マジット・エルバ氏と西東三鬼が、戦時下の神戸にあるホテルの一室でレコードを聴く場面から。 

 マジットも私も貧乏だったので、夜は大抵どちらかの部屋で、黙って煙草を吹かすのが常であった。私の部屋には十数枚のレコードがあった。それは皆、近東やアフリカを主題とした音楽で、青年時代からの、私の夢の泉であった。私達は、彼が何処からか探しだしてくるビールを、実に大切に飲みながら、一夜の歓をつくすのであったが、彼はレコードの一枚毎に『行き過ぎの鑑賞』をして、砂漠のオアシスや、駱駝の隊商や、ペルシャ市場の物売婆を呼び出し、感極まってでたらめ踊りを踊り、私はそれに狂喜の拍手を送るのであった。そういう我等を見守るのは、どのような神であったか。所詮は邪教の神であって、一流の神様ではなかったであろう。