『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』(小学館)

ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集 (小学館文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/11/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 先月の『夜行』に引き続き、対談集『ぐるぐる問答』も発売となった。 もっと早くお知らせしなけれ…

『夜行』(小学館文庫)

夜行 (小学館文庫 も) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/10/04 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る いつの間にか秋になっている。 そしてまたいつの間にか、森見登美彦氏の『夜行』も小型化されるときがきた。大きなものと小…

西尾哲夫『ガラン版 千一夜物語(1)』(岩波書店)

ガラン版 千一夜物語(1) 作者: 西尾哲夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2019/07/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 小説『熱帯』を書くとき、森見登美彦氏は「千一夜物語」というものを下敷きにした。一般的には「アラビアンナイト」と言…

森見登美彦氏、怖い小説を手に入れる

平成怪奇小説傑作集1 (創元推理文庫) 作者: 東雅夫 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2019/07/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る インスマスの影 :クトゥルー神話傑作選 (新潮文庫) 作者: H・P・ラヴクラフト 出版社/メーカー: 新潮社 発売…

かしのこおり『太陽の塔(2)』(モーニングKC)

太陽の塔(2) (モーニング KC) 作者: かしのこおり,森見登美彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/07/23 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 昨日、かしのこおりさんの新作刊行を盛り上げるべく、担当編集者氏に教わりながらtwitterに本作の…

森見登美彦氏、二条へ。

劇団ヨーロッパ企画の上田誠氏が次のような文章を書いている。 suumo.jp 本日、三条大橋をぷらぷら歩いているとき、この記事のことが頭に浮かんだので、森見登美彦氏は「久しぶりに西へ足をのばそう」と思い立った。TOHOシネマズ二条で映画「海獣の子供」を…

西東三鬼『神戸・続神戸』(新潮文庫)

神戸・続神戸 (新潮文庫) 作者: 西東三鬼 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 西東三鬼『神戸・続神戸』が新潮文庫になるという。 というわけで、森見登美彦氏は解説を書いた。いささかマジメに書きすぎ…

京都文学賞、募集開始!

京都文学賞というものが始まる。 京都を題材にした小説を募集していて、選考は読者選考委員と、最終選考委員の各氏(いしいしんじさん、原田マハさん、校條剛さん)によっておこなわれる。 締切は今年の九月末、まだ「ひと夏」ある。 詳しくは下記リンク先を…

『熱帯』、高校生直木賞をもらう

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る koukouseinaoki.com 高校生直木賞、というものがある。 詳しいことは上に掲げたリンク先を読んでいただきたいが、全国の高校生た…

佐藤哲也『シンドローム』(キノブックス)

シンドローム(キノブックス文庫) (キノブックス文庫 さ 2-1) 作者: 佐藤哲也,森見登美彦(解説) 出版社/メーカー: キノブックス 発売日: 2019/04/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 佐藤哲也氏の『シンドローム』が発売される。 この容赦ない傑作…

松井玲奈『カモフラージュ』(集英社)

カモフラージュ 作者: 松井玲奈 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/04/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 松井玲奈さんの『カモフラージュ』が発売される。 「明太子スパゲティをこのうえなくおいしそうに書ける人。信頼せざるを得ないの…

円居挽『さよならよ、こんにちは』(星海社)

さよならよ、こんにちは (星海社FICTIONS) 作者: 円居挽,くまおり純 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/03/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 我々にとって、かつて世界は奈良であった。 円居挽氏による奈良的青春小説が…

映画「ペンギン・ハイウェイ」blu-ray&DVD本日発売

ペンギン・ハイウェイ Blu-ray コレクターズエディション 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2019/01/30 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る 映画「ペンギン・ハイウェイ」のBlu-ray&DVDが発売される。 先日、森見登美彦氏は原作者の特権とし…

『森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー』1月22日発売

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー 作者: 森見登美彦,有栖川有栖,京極夏彦,恩田陸,佐藤哲也,北野勇作,飴村行,矢部嵩,伊坂幸太郎,阿川せんり 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2019/01/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブ…

プレゼントキャンペーン、イベントのお知らせ

総特集 森見登美彦: 作家は机上で冒険する! (文藝別冊) 作者: 河出書房新社編集部 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/01/11 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 文藝別冊『総特集 森見登美彦』の発売を記念して、現在プレゼントキャンペ…

森見登美彦氏、直木賞に敗北する。

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 昨年のクリスマス・イブのことである。 万城目学氏が京都へやってくるというので、劇団ヨーロッパ企画の上田誠氏も交えて忘年会を…

「総特集 森見登美彦(文藝別冊)」本日発売。

総特集 森見登美彦: 作家は机上で冒険する! (文藝別冊) 作者: 河出書房新社編集部 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/01/11 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 文藝別冊、本日発売であります。 昨年の晩秋、担当編集者が「編集しても編…

森見登美彦氏、『嵐が丘』を読む

オール讀物 2019年1月号 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/12/22 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 森見登美彦氏は、万城目学・綿矢りさの両氏と読書会を開いた。 課題図書としてエミリー・ブロンテの『嵐が丘』を選んだのは登美彦氏である…

コミック『太陽の塔(1)』発売

太陽の塔(1) (モーニングコミックス) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/12/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る クリスマスが目前に迫っている。 というわけで、このコミックを出版するのにピッタリの時期と言わねば…

コミック「ペンギン・ハイウェイ02」

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 二年前の『夜行』に続いて、登美彦氏の作品『熱帯』が直木賞の候補になった。そういうわけで年が明けたら、登美彦氏はまたひやひ…

「総特集 森見登美彦(文藝別冊)」出版とサイン会のお知らせ

総特集 森見登美彦 (文藝別冊) 作者: 河出書房新社編集部 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2019/01/14 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 来年早々の1月14日、このような本が出版される。 かつて雑誌「文藝」でおこなわれた特集をパワ…

沈黙"しない"読書会について

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 昨日、森見登美彦氏は紀伊國屋書店梅田本店にてサイン会を行った。いささか風邪気味であった登美彦氏も、読者の皆様の熱気によっ…

『熱帯』発売と「王様のブランチ」

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『熱帯』が 全国の書店に姿を見せつつあるにもかかわらず、森見登美彦氏は風邪っぴきで自宅に引き籠もっている。書店へ偵察に出かけた妻…

『熱帯』サイン会のお知らせ

熱帯 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『熱帯』の出版を記念して、森見登美彦氏のサイン会が開催される模様である。 → 三省堂書店有楽町店の受付は終了しました。 → 紀伊國屋梅…

『熱帯』の誕生

小説についての小説――。 そんなアヤシゲな題材に手を出したのが運の尽き、森見登美彦氏はこの一年半というもの『熱帯』の世界に閉じ籠められていた。ようやく脱出した今になっても、「自分は本当に帰ってきたのか?」という疑問がしきりに胸をよぎるのである…

登美彦氏、岩井圭也氏と対談する

先日、森見登美彦氏は狸谷山不動院を訪ねてトークイベントを行った。「護摩祈祷」によって始まるという不思議なイベントで、たいへん貴重な経験であった。 狸谷山不動院の皆様、売店の皆様、そして長い石段をのぼってご参加いただいた皆様に御礼を申し上げま…

 映画「ペンギン・ハイウェイ」公開

映画「ペンギン・ハイウェイ」が8月17日から公開される。 登美彦氏は断固として主張する。 「このような映画こそ夏に観に行くべきである!」 この映画を劇場で観ることができる夏はもう二度とこない。 できるものなら登美彦氏もスケジュールに余裕をもってこ…

『太陽の塔』マンガ連載開始

森見登美彦氏のデビュー作が、十五年の時を超えてマンガになることになった。描く人は、かしのこおりさん。 22日発売の「モーニング・ツー」より。 何卒よろしくお願いいたします。

映画「ペンギン・ハイウェイ」が完成した。 これまでにも経験のあることだが、森見登美彦氏は自作の映像化に馴染むまで時間がかかる。現在、登美彦氏は映画「ペンギン・ハイウェイ」を繰り返し見て、自分を馴染ませている最中である。詳細な感想を述べるのは…

六月八日の記述についての反省文。 筆者があんなふうに無用の反論を書いてしまったのは、学生時代の登美彦氏のみっともなさや情けなさ、哀しみや煩悶、それらの陰影と切り離せない愛すべき事柄の一切が、「モテモテであった」という一言のもとに切って捨てら…