沈黙"しない"読書会について

 

熱帯

熱帯

 

 

 昨日、森見登美彦氏は紀伊國屋書店梅田本店にてサイン会を行った。いささか風邪気味であった登美彦氏も、読者の皆様の熱気によってホカホカに温められたのであった。あたかも温泉につかったかのごとし。お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

 

 ところで『熱帯』の公式ページが新しくなったようである。 

www.bunshun.co.jp

 そして現在、「沈黙"しない"読書会」と題して、読書会イベントの参加者を募集中である。「我こそは」と思う読者の方はぜひとも応募していただきたい。参加者は抽選で決まるようだが、募集期間が短いので注意されたし。

books.bunshun.jp

 そしてこちらも引き続きよろしく。 

books.bunshun.jp

『熱帯』発売と「王様のブランチ」

熱帯

熱帯

 

 『熱帯』が 全国の書店に姿を見せつつあるにもかかわらず、森見登美彦氏は風邪っぴきで自宅に引き籠もっている。書店へ偵察に出かけた妻から「ちゃんと並んでいます」と報告を受けることしかできなかった。我が子の旅立ちの日をハツラツとした気持ちで迎えたかったが、こればかりはしょうがない。うがい手洗いに気をつけていても、引くときは引くのが風邪である。

 土曜日の「王様のブランチ」に登美彦氏が登場する。登美彦氏は吉田山を久しぶりに歩きまわりつつ、『熱帯』についてモソモソ語った。そのモソモソぶりは大目に見ていただきたい。なぜなら登美彦氏はテレビで輝く人ではなくて、机上で輝く人だからである。そうとも。

 『熱帯』を買おうかどうか迷っている人は、下のような「試し読み版」もある。第一章を読んで「つまらん!」ということであれば登美彦氏は何も言うまい。サヨウナラまた会う日まで。しかし「オモシロイ!」ということであれば、ぜひ単行本でも電子書籍版でも購入していただければ幸いである。

 なお、この小説は「幻の本」についての小説だから、「単行本で読む方がちょっぴり味が濃く感じるかもしれない」と登美彦氏は小声で呟いている。

熱帯 試し読み版 (文春e-book)

熱帯 試し読み版 (文春e-book)

 

 

『熱帯』サイン会のお知らせ

熱帯

熱帯

 

 『熱帯』の出版を記念して、森見登美彦氏のサイン会が開催される模様である。

 → 三省堂書店有楽町店の受付は終了しました。

 → 紀伊國屋梅田本店の受付は終了しました。

 申し込みありがとうございました。

 

『熱帯』の誕生

f:id:Tomio:20171110101639j:plain

 小説についての小説――。

 そんなアヤシゲな題材に手を出したのが運の尽き、森見登美彦氏はこの一年半というもの『熱帯』の世界に閉じ籠められていた。ようやく脱出した今になっても、「自分は本当に帰ってきたのか?」という疑問がしきりに胸をよぎるのである。どうして自分はあんな無謀な冒険に乗りだしたのだろう。「小説についての小説を書く」なんぞ血で血を洗うようなものであって、迷宮に閉じこめられるのはアタリマエではないか!というわけで、森見登美彦氏史上最大の問題作ができあがった。もはや精根尽き果てたので、「二度とこんな題材には手を出すまい」と登美彦氏は誓ったのである。

 11月16日(金)発売予定である。

 

熱帯

熱帯

 

 

 特設サイト 

books.bunshun.jp

 公式twitter 

twitter.com

  

登美彦氏、岩井圭也氏と対談する

 先日、森見登美彦氏は狸谷山不動院を訪ねてトークイベントを行った。「護摩祈祷」によって始まるという不思議なイベントで、たいへん貴重な経験であった。
 狸谷山不動院の皆様、売店の皆様、そして長い石段をのぼってご参加いただいた皆様に御礼を申し上げます。

 そしてまた登美彦氏は、今年のフロンティア文学賞を受賞された岩井圭也氏と京都にて対談をした。その模様は「野性時代」10月号に掲載されている。『永遠についての証明』は選考委員三人の意見が一致した久しぶりの受賞作である。
 登美彦氏は「数学者」という存在に昔から憧れてきた。「小説家」とは「すごく近いような」「とても遠いような」不思議な距離感があるからにちがいない。『永遠についての証明』を読んでいると、なんだかそういうカッコイイ「数学者」を疑似体験しているような気持ちになれて嬉しいのである。
 岩井圭也氏の今後の御活躍を祈るものである。

 

 
 
永遠についての証明

永遠についての証明


 ようやく『熱帯』という悪夢的迷宮から脱出して、少しはノンビリできるかと思っていたが、『熱帯』を書いている間「知らんぷり」してきた幾つもの用件が押し寄せてきて登美彦氏を取りかこんでいる。なんだかずっと慌ただしい気分なのである。
 責任者はどこか。